肩のニキビの原因と治し方

肩のニキビの原因と治し方

肩のニキビの原因

角質層へのダメージ

 

肩のニキビを治すには、慎重に対処する必要があります。
背中や肩などの皮膚は、刺激が厳禁だからです。

 

とくに背中・肩は皮膚が非常に薄く、刺激に敏感な場所なので、
ニキビがなかなか治らない、という難点があります。

 

背中や肩にニキビがある人は、お風呂に入る時も注意が必要です。
ゴシゴシこすると炎症を起こし、角質層にまで刺激を与えてしまうからです。

 

背中・肩のニキビは角質層へのダメージが原因なので、
ゴシゴシ洗ってしまうと、表皮の部分が厚くなり、余計に乾燥してしまいます。

 

肩のニキビの治し方

 

背中や肩のニキビを治すには、ジュエルレインがおすすめです。
背中・肩の肌トラブルに、よく効くからです。

 

肌奥の真皮層を修復できるクリームで、
真皮層まで潤いを保つ効果があります。

 

また、プラセンタの美白効果で色素を排除してくれ、
角質層内部の炎症をしっかり抑えてくれます。

 

背中・肩のニキビを治すには、薬用保湿を徹底することが大事です。
ジュエルレインは、普通の保湿クリームではありません。

 

背中や肩のニキビの炎症を抑える薬用成分が配合されているので、
炎症を抑えながら、色素沈着した跡を消すことができます。

 

プラセンタが内部まで浸透し、グリチル酸2Kがニキビの炎症を抑え、
肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

ニキビ跡の治し方

 

赤み肌を治すには、どうすればよいのでしょう。

 

赤み肌の原因は、背中や肩のニキビがいったん治った後に残る炎症で、
血管拡張などから集められた古い血液が残ってしまった結果です。

 

赤みは溜まった古い血液の色なので、見た目は少しばかりひどいです。
赤み肌の治し方は、背中や肩のニキビが治った後の対策になります。

 

治すにはまず、背中・肩のニキビが治った後に溜まった、うっ滞した血液を流し、
肌の新陳代謝、ターンオーバーを促進することが大事です。

 

赤みが残っている肌は、肌の機能が低下している証拠です。

 

肌のターンオーバーが遅くなっているので、
ターンオーバーを正常化する必要があります。

 

そのためには、ダメージを受けている肌を回復させる必要があるため、
まずは肌内部へのケアをしていきます。

 

そうしないと赤み肌を完全に治すことはできません。

 

赤み肌は、古い血液がうっ滞し、
肌内部や周囲の細胞に栄養や酸素が送られていない状態で、
肌内部自体にもダメージが蓄積しています。

 

それゆえ、肌内部のケアが重要です。
肌内部のケアでおすすめなのは、背中・肩のニキビ専用のクリームです。

 

この化粧水を使用すれば、中も外も痛んだ肌にしっかり浸透するので、
赤み肌をしっかりケアすることができます。